会社情報 Corporation Profile

人と人がつくり続ける、確かな軌跡。

INOUE RIBBON INDUSTRY Co.,Ltd.

沿革

ヒストリー

創業者 井上福美

ヒストリー

創業時から活躍するシャットル織機

ヒストリー

最新のニードル織機

ヒストリー

当社の原点「井上機業所」(現:第一工場)

1948年(昭和23年) 井上機業所として井上福美が細幅織物製造を開始。
1963年(昭和38年) 資本金600万円で井上リボン工業(株)に組織変更。
1973年(昭和48年) 資本金を1,200万円に増資。関連会社として(株)ニューニットを資本金1,500万円で創立。細幅縦編製品の製造を開始。
1982年(昭和57年) 資本金を2,400万円に増資。本社社屋並びに第二工場を新設。
1984年(昭和59年) 第三工場新設、染色加工部門の操業を開始。
1986年(昭和61年) 織機のコンピュータ・モニタリングシステムを導入。
1988年(昭和63年) 井上勝規 専務取締役から代表取締役社長に就任。企画室、開発室を新設、CADシステム導入。
1991年(平成3年) CIを開始。グループシンボルとして「テララ」を決定。
1993年(平成5年) 中国大連市に大連天楽良繊維有限公司を日本合弁にて設立。
1996年(平成8年) 新社屋完成。
1998年(平成10年) 東京営業所、井上香港を開設。
2002年(平成14年) 大連天楽良繊維有限公司を合併から井上リボン工業の独資に変更、100%子会社とする。
2003年(平成15年) 大連天楽良繊維有限公司を700万米ドルに増資。
2004年(平成16年) 『テララ』シンボルマークを変更。
2005年(平成17年) コンピュータシステムを一新する。
2007年(平成19年) 上海天楽良繊維有限公司、大阪営業所を設立。
2011年(平成23年) ベトナムにダナンテララを設立。
2012年(平成24年) 井上博之 代表取締役社長に就任。

INOUE RIBBON INDUSTRY Co.,Ltd.